まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategorySDR 1/11

NetSDR と Airspy HF+ の比較記事

NetSDR ($1449) 対 Airspy HF+ ($149) の構図ですが・・Airspy HF+ がコストパフォーマンスが優れている?。https://www.rtl-sdr.com/...rfspace-netsdr-on-sdr-console-v3/SDR-Console V3 を使用したスクリーンショットにて比較・・興味のある方は覗いてみてください。...

  •  0
  •  0

新 SDR Console V3

一画面に 6ch 表示も可能になった SDR Console V3 です。残念ながら、スペックの低いマシンでは負担が多くなります。...

  •  0
  •  0

HDSDR 無線機のリモート操作設定

先ずはリモート接続したい無線機の COM ポートを確認します。画像右下段のデバイスマネージャーにて確認、画像例では IC-7200/7600 2台分が表示されています。次いで Omni-Rig 起動、COM ポートを選択します。HDSDR の設定は画像のとおり、必要項目をチェックします。接続チェックにより、2台同時制御が可能です。...

  •  0
  •  0

P-CH の様相

ご存知でしょうが、警察無線中継波ですね。高所中継塔から送信されているので非常に強力です。スペクトルを眺めることしかできないですが、幻想的?・・。消防無線もデジタル化され・・興味が薄れてきますね。...

  •  0
  •  0

SDR Console V3 / IC-7600 連動

SDR アプリと無線機を連動させるには OmniRig を利用します。HDSDR などメジャーなアプリでは OmniRig をサポートしてます。今回は SDR Console V3 と IC-7600 の連動(双方向)を例とします。事前にオプション(画像上段)にて Extenal Radio を追加する必要があります。詳細については OmniRig にて検索してください。大画面でスペクトルを監視しながら、無線機が操作できるので便利ですね。...

  •  0
  •  0

サーチキャリア3連発

エアーバンドでもこのキャリアが耳障りの種になります。VHF 帯なので見通し距離からだと思うが・・?ですね。ちなみに、SdrDx 2.17z は macOS では正常動作しないとかで・・。Windows 版を Wine で動かしています。...

  •  0
  •  0

SDRplay RSP1 アルミケース

昨夕、RTL-SDR.com から SDRplay RSP1 アルミケースが到着。HF 受信専用としてセッティングしました。macOS / rtl_tcp SDRplay / HDSDR にて RSP1 を動かすことができます。残念ながら rtl_tcp SDRplay は RSP2 に未対応です。...

  •  0
  •  0

ワッカの調子が悪い?・・

朝方からワッカ(ALA-330S)利用時のノイズレベルが高い・・故障ではないと思うが・・。そのとき代用として利用するのが D130 です。D130 でも DMAX50 を適度に調整すると HF 帯でもワッカを凌ぐことがあります。...

  •  0
  •  0

RSP1 アルミルケース販売

RTL-SDR.com から SDRplay RSP1 アルミケースが販売されます。http://www.rtl-sdr.com/new-product-store-sdrplay-rsp-1-aluminum-case-upgrade/注: FM 放送波カットフィルタ(88~108M)が付属しますが、国内仕様とは異なります。...

  •  0
  •  0

Soft66Q の実力は・・

Perseus と Soft66Q の比較です。基準となる Perseus Windows 画面です。こちらが Soft66Q macOS 画面です。 Soft66Q は DVB-T+FM+DAB(820T2) / Direct_Samp + LNA + BPF 仕様となっています。組み込まれている LNA + BPF のおかげで信号レベル・イメージとも問題ないですね。現時点では、サービスとして TCXO 換装済みを送ってくれます。...

  •  0
  •  0

数あれど・・

上段に並ぶリグは過去の遺物?となりつつあります。SDR 技術が進み、安価なドングルで間に合う世の中になりましたね。ディスプレイ両端 RTL-SDR.com V3 / Soft66Q 運用がメインとなり電気代の節約に貢献です。...

  •  0
  •  0

RSP2 対応 CubicSDR 0.2.2-alpha

PothosSDR 最新パックに含まれる Windows CubicSDR 0.2.2-alpha では RSP2 に対応します 。macOS 版と同様に 6M 帯域展開が支障なく可能になります。PothosSDR には Windows Gqrx 開発版も含まれています。https://github.com/pothosware/PothosSDR/wikiPothosSDR FTP では概ね半月ごとにアップグレードされています。伴って、含まれる Gqrx / CubicSDR も開発版がバンドルされるようです。FTP http://downloads.myriadrf.org/bui...

  •  0
  •  0

SDRuno 1.13 公開

RSP1/2 純正 SDRuno 1.13 が公開されました・・ EXtoIO 版は据え置きです。今年に入ってから数回しか動かしていない SDRuno ですが・・・。...

  •  0
  •  0

Linux Mint での HDSDR

macOS Wine で動くので当然ながら・・。同様に RTL_TCP / Wine HDSDR ExtIO RTL_TCP にて問題なく動きました。...

  •  0
  •  0

居座るオジャマ虫・・

右端の強力な信号が昨日から居座るオジャマ虫です。通常は短時間で消滅するのだが・・・。イメージ除去の優れたペルでも拾っているのでオバケとは違います。こちらは Soft66RTL3 改の同画像です。ペルとの違いはダイナミックレンジが狭くフロアノイズの振幅が大きくなります。...

  •  0
  •  0

利得調整例

利得調整の要領として・・・。過度に利得を上げると突起状の信号が至るところに発生します。また強力な放送局のお化けが混入することもあります。利得を下げ、上記の不要信号をフロアレベル下まで押し込みます。S/N を稼ぐには、必要以上に利得を上げないのがコツと言えます。...

  •  0
  •  0

Soft66RTL3 改 / Soft66Q

Soft66RTL3 の内部ドングルを外し、外付け RTL-SDR V3 無印に交換しています。V3 Dirct_Samp は利得調整ができない欠点があり併用して使用しています。関連記事: http://newmansyuu.jp/blog-entry-699.htmlDirct_Samp の欠点を補う製品が Soft66Q です。Soft66Q http://zao.jp/radio/soft66rtl/soft66q.php前回 PayPal を利用した方は、簡単にクリック決済できます。注: ケース本体はプラスチック製に変更となっています。...

  •  0
  •  0

SpyServer は Airspy mini に未対応?

V 1525 から SpyServer が追加されたが・・・。Airspy mini ではリモート操作はできるが、ストリーム整合不良で音声が途切れます。Airspy R2 でないとムリなようです。...

  •  0
  •  0

Windows SdrDx RTTY 復調トレーニング

アプリサイトにあるサンプルファイルを再生して RTTY 復調の練習です。復調した文字列はメーター部右側に表示されます。微妙なバンド幅と位相調整が必要で手こずりましたが・・修得しました。お遊びには都合の良い?道具です。残念ながら Windows 版は RTL-SDR 未対応です。...

  •  0
  •  0

8M 帯域幅の恩恵

OS X CubicSDR では RSP2 が使用可能、8M Span では WFM バンド当地すべての局が表示される事になります。ミドルクラスのスペックでも、音跳びもなくクリアな受信ができます。注: Windows CubicSDR は RSP2 を認識しません。...

  •  0
  •  0
About this site
ジャンルにこだわらない気ままなブログ
About me
FC2ブログへようこそ!