まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategorySDR 1/13

Yahoo! ショッピングで入手可

Airspy HF+ / FDM-S2 は Yahoo! ショッピングで入手できます。https://store.shopping.yahoo.co.jp/neu-tek2/sdra5eca5b.html海外通販より若干お高めですが、面倒な手続きなどを考慮すると妥当なところでしょう。...

  •  0
  •  0

Perseus VS Airspy HF+

両者を HDSDR にて比較してみると・・。スペクトル分析に精通している方は一目瞭然だと思いますが。波形の輪郭と S/N 比で概ね判断できますね。Perseus 発売当時としては画期的な SDR デバイスでしたが・・。Airspy HF+ 技術進歩のおかげで高性能な SDR デバイスがお安く入手できる時代です。...

  •  0
  •  0

あれから10年近く経過・・

ひと昔前のブログを覗いて・・ペルを導入して10年近く経過しているのですね。いまだに当時の姿のまま売られているところをみると根強い人気があるようです。拙宅のペルは元気そのもので現役で仕事しています。当時のブログ: https://blog.goo.ne.jp/acarsman_4649ちなみに、HFDL に夢中で取り組んでいた時期です。...

  •  0
  •  0

FDM-SW2 チャンネル シングル・ダブル仕様の違い

FDM-S2 のデバイスアプリ FDM-SW2 には二通りの展開方法があります。シングル使用時では、最大約 6M 帯幅が設定可能であり、その範囲の任意の 4 波が指定できます。ただし、6M 帯域では高スペックの PC でないとパワー不足で間欠状態になります。ダブル使用時には別途専用の帯域幅を指定して展開させます。各チャンネルの帯域幅は 384K に固定されるが、任意の 2 バンドでの使用が可能になります。例えば 7/21 帯とかの間隔の空い...

  •  0
  •  0

慣熟訓練中・・

今年で70歳を迎えることに・・認知症が心配?。しばらく操作していないので忘れますね、この機会にアプリをバージョンアップして反復演練です。拙宅では、この種アプリのスペクトル表示基準を縦幅 50dB に設定するこだわりがあります。HFDL 21M帯 4 波をセットしての受信状況。日中であれば 17/21M 帯が HFDL 入門用には最適です。...

  •  0
  •  0

FDM-S2 の利点

HFDL 受信に最適なのが FDM-S2 ・・諸元では。FDM SW2 ソフトウェアは、さまざまな機能を提供します。Max。DDC Bw 6144 kHz (帯域幅 80% 表示)。使用可能な構成: 192ksps-32 ビット、32 ビット 384ksps、768ksps 32 ビット、32 ビット 1536ksps、3072ksps 32 ビット、16 ビット 6144ksps。特別な二重 DDC モード: 2 x 384 kHz の帯域幅。4 仮想レシーバー DDC ウィンドウ内で自由に可変。各仮想レシーバー モード帯域幅、ボリュー...

  •  0
  •  0

仮想オーディオケーブル

拙宅での仮想オーディオケーブル(VAC)を使用する目的・・。HFDL 受信の場合、多チャンネル受信で効率アップを図らないと寂しい結果になることが多いですね。当然ながらエンコーダーの数も増やしてチャンネル個々に復調させることが必要になります。VAC は、エンコーダーの数に応じたオーディオ出力をアプリ相互の内部接続でもって処理します。VAC コントロールパネルは「管理者権限で実行」するか、アクセス権限を設定する必要が...

  •  0
  •  0

SDR Console 3.0.6

SDR Console V3 の最新版、毎年この時期に更新しています。HFDL など複数波受信には不可欠な SDR アプリですね。複数波をプリセットして使用する考え方もできます。...

  •  0
  •  0

デモ用 SDRアプリ

Mac にて Airspy HF+ 使用例を表示するとき見映えするのは・・。SdrDx が良いかと・・いかにもベテラン向きの SDR アプリだと言わんばかりですね。...

  •  0
  •  0

短波帯受信形態の変化・・

Airspy HF+ を SDR メインデバイスにして一年経過、その間トラブルなく働いています。Mac Gqrx とも相性が良いようで、重宝しています。高価な通信機型短波受信機が不要の世界になりましたね。...

  •  0
  •  0

Windows Gqrx 2.11.5

Windows 版の Gqrx 最新版(非安定)・・Linux では定番の SDR アプリです。DLL 欠損表示がでるが・・問題ないようです。...

  •  0
  •  0

SDRuno ExtIO Airspy HF+

SDRuno ExtIO Airspy HF+ 展開・・備忘録。デモには最適な SDR アプリですね。...

  •  0
  •  0

Gqrx macOS

Gqrx Airspy HF+ 設定値例・・備忘録。...

  •  0
  •  0

節電に努める・・

普段は Mac mini + SdrDx にてHF/VHF をモニタしています。消費かつ発熱量が少なく経済的ですね・・。...

  •  0
  •  0

利得の絞り込み技・・

Airspy HF+ は利得を下げた方が良い結果となるようで・・。アンテナ利得を上げると・・ノイズが目立ち明瞭度が下がるようです。Airspy HF+ に限らず、必要以上に利得を上げないのが基本と言えるでしょう。...

  •  0
  •  0

SDR-CONSOLE-V3.B2

SDRplay サイトから V3.B2 を入手・インストール、本家より入手が楽です。Airspy HF+ とも相性が良いようで、時折発生していた息継ぎが皆無になりました。多チャンネル受信には伝統があるのでスムーズです。シングル表示にて精密観察・・画面操作はいたって簡単です。...

  •  0
  •  0

スペクトル領域の拡張

SdrDx のスペクトル領域が狭い・・拡張できます。過去記事に掲載していますが、再掲載します。メインパネルの左上「RFV」をクリックするとスペクトル領域が分離します。所要の大きさにドラッグしてから RUN してください。平日の午後にしては入感局が多いですね・・。今朝は K=6 でしたが回復傾向にあるようです。...

  •  0
  •  0

SDRuno EXTIO では・・

SDRuno EXTIO 仕様版でも問題なく運用できます。Airspy HF+ の定番は SDR# でしょうが、それでは面白くないですね・・。この時期、早朝はノイジーなコンディション・・ 8 時を過ぎると入感局が目立つようになります。当然ながら SDR Console V3 でも運用できます。...

  •  0
  •  0

SdrDx Setup

SdrDx 2.19d 設定値(Airspy HF+ 仕様)・・備忘録としての掲載です。AGC 調整によるフロアノイズ音の低減・・真ん中のスライダーで行います。メインパネル I/RFG スライダーでも同様な調整できるようです。...

  •  0
  •  0

Gqrx Airspy HF+

Gqrx V2.9 から Airspy HF+ に対応しています。macOS に対応した Gqrx V2.9 も公開されています。Gqrx は macOS 定番 SDR アプリとして多くの方が使用されています。R820T2 生産休止に伴う Airspy 製品の今後・・。当然ながらチューナーの再設計に迫られるが、また形状が Airspy HF+ と同じになるかも・・。...

  •  0
  •  0
  •  
  •  
  •    
  •