まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategorySDR 1/13

SDR Console 3.0.6

SDR Console V3 の最新版、毎年この時期に更新しています。HFDL など複数波受信には不可欠な SDR アプリですね。複数波をプリセットして使用する考え方もできます。...

  •  0
  •  0

デモ用 SDRアプリ

Mac にて Airspy HF+ 使用例を表示するとき見映えするのは・・。SdrDx が良いかと・・いかにもベテラン向きの SDR アプリだと言わんばかりですね。...

  •  0
  •  0

短波帯受信形態の変化・・

Airspy HF+ を SDR メインデバイスにして一年経過、その間トラブルなく働いています。Mac Gqrx とも相性が良いようで、重宝しています。高価な通信機型短波受信機が不要の世界になりましたね。...

  •  0
  •  0

Windows Gqrx 2.11.5

Windows 版の Gqrx 最新版(非安定)・・Linux では定番の SDR アプリです。DLL 欠損表示がでるが・・問題ないようです。...

  •  0
  •  0

SDRuno ExtIO Airspy HF+

SDRuno ExtIO Airspy HF+ 展開・・備忘録。デモには最適な SDR アプリですね。...

  •  0
  •  0

Gqrx macOS

Gqrx Airspy HF+ 設定値例・・備忘録。...

  •  0
  •  0

節電に努める・・

普段は Mac mini + SdrDx にてHF/VHF をモニタしています。消費かつ発熱量が少なく経済的ですね・・。...

  •  0
  •  0

利得の絞り込み技・・

Airspy HF+ は利得を下げた方が良い結果となるようで・・。アンテナ利得を上げると・・ノイズが目立ち明瞭度が下がるようです。Airspy HF+ に限らず、必要以上に利得を上げないのが基本と言えるでしょう。...

  •  0
  •  0

SDR-CONSOLE-V3.B2

SDRplay サイトから V3.B2 を入手・インストール、本家より入手が楽です。Airspy HF+ とも相性が良いようで、時折発生していた息継ぎが皆無になりました。多チャンネル受信には伝統があるのでスムーズです。シングル表示にて精密観察・・画面操作はいたって簡単です。...

  •  0
  •  0

スペクトル領域の拡張

SdrDx のスペクトル領域が狭い・・拡張できます。過去記事に掲載していますが、再掲載します。メインパネルの左上「RFV」をクリックするとスペクトル領域が分離します。所要の大きさにドラッグしてから RUN してください。平日の午後にしては入感局が多いですね・・。今朝は K=6 でしたが回復傾向にあるようです。...

  •  0
  •  0

SDRuno EXTIO では・・

SDRuno EXTIO 仕様版でも問題なく運用できます。Airspy HF+ の定番は SDR# でしょうが、それでは面白くないですね・・。この時期、早朝はノイジーなコンディション・・ 8 時を過ぎると入感局が目立つようになります。当然ながら SDR Console V3 でも運用できます。...

  •  0
  •  0

SdrDx Setup

SdrDx 2.19d 設定値(Airspy HF+ 仕様)・・備忘録としての掲載です。AGC 調整によるフロアノイズ音の低減・・真ん中のスライダーで行います。メインパネル I/RFG スライダーでも同様な調整できるようです。...

  •  0
  •  0

Gqrx Airspy HF+

Gqrx V2.9 から Airspy HF+ に対応しています。macOS に対応した Gqrx V2.9 も公開されています。Gqrx は macOS 定番 SDR アプリとして多くの方が使用されています。R820T2 生産休止に伴う Airspy 製品の今後・・。当然ながらチューナーの再設計に迫られるが、また形状が Airspy HF+ と同じになるかも・・。...

  •  0
  •  0

Airspy HF+ VHF 受信

Airspy HF+ にての VHF 60 .. 260 MHz 受信検証。macOS SdrDx + Airspy HF+ 動作確認を兼ねての検証です。バンド幅 768KHz 制限とはなるが、感度も良く実用範囲です。2m バンドも感度が良く問題なしです。ノイジーなコンディションですが、本来の HF 帯も問題なしです。...

  •  0
  •  0

Airspy HF+ 到着

発注してから 10 日目に香港から無事到着しました。この特注らしいエアーマットに保護され問題なしです。本体の表面加工は黒色ですが、光源の当たり具合によって銀色に輝きます。HDSDR にての検証ですが、感度が高い割には静かな印象です。ダイナミックレンジが広い恩恵ですね・・。...

  •  0
  •  0

SDR# 慣熟訓練・・

時には SDR# も操作しないと・・使い方を忘れてしまいますね。新たにチューナノブ・プラグインが加わりました。...

  •  0
  •  0

ワイドFM放送拡大

AM放送の高品質版と言える、ワイドFM放送ですが局数が拡大しています。最新マップ http://www.1242.com/info/jolf_fm/map...

  •  0
  •  0

SDRuno 1.22 リリース

SDRuno 1.22 がリリースされました。https://www.rtl-sdr.com/sdruno-updated-to-version-1-22/使い勝手が良くなる?・・ただリリースのつどレイアウトが初期化されるのが難点。今後の機能向上予定も掲載されていますが・・。慣れ親しんだレイアウトに設定・・・実に面倒。好みの問題ですが、HDSDR シンプル派には馴染み難い・・ですね。...

  •  0
  •  0

SdrDx 2.19d

macOS に対応したと思ったが・・イマイチでした。メモリ波の切り替え時に落ちる現象が発生しますね・・。...

  •  0
  •  0

SDR デバイスの動向・・

SDR デバイス各メーカーは、 LVF ~ HF 受信に力を注いでいる印象を受けます。外部アップコンを必要とせずに処理する時代になりましたね。ただ各メーカー固有のマイコン制御によるチューナを搭載したことにより互換性が薄れSDR コントロール・アプリも独自色の濃いものになります。そのためデバイスの選択には、 SDR アプリの完成度も判断材料となります。Display YouTube movie SDR Receivers Comparison on VLF, LW and NDB band...

  •  0
  •  0
  •  
  •  
  •    
  •