まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategorySDR 1/16

初めて知る・・

普段VHF以上の音声受信は AR5001D/IC-R30/DJ-X11 にてモニター。SDRsharp ではHF/FM放送をモニターしています。何気なく瀧表示をなぞっていたら、周波数帳の個別登録名が表示されることに・・。...

  •  0
  •  0

時には・・

RSPduo のダイバーシティ調整が面倒と思うときには・・。HDSDR / Airspy HF+ を立ち上げることにしています。それぞれに一長一短があり、固執することはありません。これは Windows 版 Gqrx / Airspy HF+ です。...

  •  0
  •  0

複雑なアンテナ入力部

HF/VHF 計6本のアンテナ入力を SDR7デバイスに供給するため複雑になっています。各切り替え器にはプリアンプを挿入して物理的な損失を補っています。大進無線さんの BNC プリアンプと分配器は重宝します。大進無線ヤフーショップ https://store.shopping.yahoo.co.jp/ddd-daishin/...

  •  0
  •  0

SDR Console 3.1LTS

長期サポート2020年第3四半期から第4四半期に、バージョン3.1 LTS(長期サポート)がリリースされます。LTSキットにはバグが修正され、新機能は追加されません。目的は、LTSキットのサポートを最低5年間提供することです。3.1 LTSがリリースされた後、2つのリリースストリームがあります。 奇数番号のキット(3.1、.3.3、...)はLTSになります。 偶数番号のキット(3.2.x、3.4.x)はインクリメンタルリリースになります。し...

  •  0
  •  0

ダイバーシティ ノイズキャンセリング

副アンテナにはアクティブ化した VHF アンテナでもノイズキャンセリングとして動作します。ただし、VHF アンテナ入力にプリアンプを挿入して利得を上げる工夫が必要です。拙宅では AL-120-MR が結構役に立つことが判明。位相調整には両アンテナ入力の比率を調整する機能もあるようです。信号レベルを上げるよりも、ベースレベルを下げることに専念します。...

  •  0
  •  0

ダイバーシティ受信

シングルモード、主アンテナ AL-330S 入力。シングルモード、副アンテナ 21M ダイポール入力(プリアンプ挿入)。ダイバーシティモード、位相調整済み。目的とする周波数のベースレベルが下がるように手動調整します。...

  •  0
  •  0

ラストパス

ラストパス、太平洋沿岸広範囲で狙い目。SSTV 送信開始時刻(位置)が大きく影響・・運次第ですね。注:方位・仰角は、名古屋市北端からの数値です。参考:ISSや人工衛星の地上軌跡が大きな波線のようにうねっているのはなぜですか?https://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/271.html...

  •  0
  •  0

仰角で判断

09:14 ~ 09:19 の本州横断パスが最大仰角 52.9 度、当地ではこれ以上でないと綺麗な画像が望めないようです。明日未明の本州縦断パスが 74.2 度・・よく調べてみると当地では日本海側のようで期待?できそう。本州縦断パス予想図 名古屋市 01:55:12 02:00:39 02:06:06 00:10:54 230 320 47 74.2...

  •  0
  •  0

SDRuno ISS SSTV セッティング (備忘録)

RSPduo/SDRuno の場合では、設定項目が複雑なので・・。仮想デスクトップ上にてタスクビューを起動すると判りやすいですね。FMモード幅は 20KHz、ドップラーシフトによる 5KHz 程度の偏差あり。ISS 通過パス一覧: https://www.jamsat.or.jp/pred/nagoya/iss.txt...

  •  0
  •  0

ARISS SSTV Award 受領

ARISS SSTV Award 申請が承認され昨日受領しました。記念アワードなので珍品?ですね。 本文左上にネーム・コールサインが記されていますが、消去しています。...

  •  0
  •  0

ISS 搭載リグ TM-D710E

ISSから送信されるSSTV信号は、ロシアのISSサービスモジュールに搭載されているリグからです。リグにはJVCケンウッド製のセパレート型V・UHF帯トランシーバー「TM-D710E」が使用さています。アワードで飛行士が手にしているリグですね。...

  •  0
  •  0

北パスが弱点

本州横断パスが当地より北寄りとなりノイズが混入しました。衛星通信のベテランなら、クロス八木に自動追随でしょうね。...

  •  0
  •  0

ARISS SSTV Award の申請(備忘録)

申請サイト: Application for ARISS SSTV AwardARISS SSTV Award 申請質問事項和訳(上から順に)私は理解し、同意します (必須)名前 (必須)コールサインロケーター 例:グリッドスクエアXY99abとして(フォーマット:2大文字、2数字、2小文字) 国 (必須)大陸 (必須)SSTV用アンテナ(必須)例:Diamond D130音声を画像に変換する方法 (必須)例:RSPduo/VAC/RX-SSTV追加情報このシリーズのSSTV画像を何枚受け取りまし...

  •  0
  •  0

ダイバーシティの威力

ダイバーシティにて位相調整を行うとノイズキャンセリングができます。位相調整を行う前のベースレベルに注目すると、所々に山状のノイズが観えます。位相調整にてベースレベルを平坦化するとスッキリですね。...

  •  0
  •  0

ほぼ完璧な画像

受信静止画像の良否がパス経路に左右されるが・・・。今回タイミング良く一枚目は、ノイズの混入が少しでした。...

  •  0
  •  0

RSPduo でもムリかも・・

狙い眼のパスがあったようだが、拙宅のアンテナではノイズの混入は避けられないようです。クロスアンテナでないと完璧な静止画はムリですね。...

  •  0
  •  0

SDRduo ISS SSTV セッティング完了

アンテナは D130 とログぺリを使用してのダイバーシティ受信です。左上にあるのが位相調整パネル、当初はオートで・・。結果は判りませんが、出たとこ勝負ですね。...

  •  0
  •  0

HDSDR にて検証

クラシックスタイルで待ち受けです。デバイス Airspy Mini FM モード 帯域幅 15KHz に設定しています。当地にパスが近づいたが、 D130 では力不足のようです。午後からは、パスが南下するため当地では受信不可となります。RSPduo が届いたので、次回はこれにて検証します。...

  •  0
  •  0

就寝中に・・

昨夜就寝前にセッティングして待ち受け、今朝には2パス分が記録されていました。予定通りイベントが開始されたようです。デバイスが Airspy Mini アンテナは D130 です。...

  •  0
  •  0

ISS Live Space Station Tracking Map

ISS SSTVの大規模なイベントが予定されているようなので・・。https://spotthestation.nasa.gov/tracking_map.cfmARISS ISSでの20年間の運用(SSTVイベント)http://ariss-sstv.blogspot.com/イベントは12月24日に始まり、12月31日まで続く予定です。ISSの運用調整により、日付が変更される場合があります。12月24日の16:40 UTC以降に開始され、12月31日の18:15UTCまで継続的に実行されるようです。(日本時間の12月25日1時40分か...

  •  0
  •  0
  •  
  •  
  •    
  •