HFDL 受信で参考とするイオノグラム

HFDL 受信時、西の電離層状態の目安として日本と緯度の近いイタリア・ローマのイオノグラムを参考とします。

http://roma2.rm.ingv.it/en/facilities/ionospheric_observatories/4/rome_ionospheric_observatory


ローマでの時差は遅れること約9時間ですが、概ね状態が把握できます。

http://ionos.rm.ingv.it/Roma/latest.html

ほぼ同緯度の国では、時差遅れで日本とイオノグラムの様相が似る場合が多いです。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •