S メータの振れ調整

初期状態では S メータの振れが大きいはずです。

振れも調整できますが、このブラックパネルの特徴として数値入力のあと Enter キーを押さないと
入力値を反映してくれません。

上書きテクとして・・数値上を左クリックしてコピーの要領で範囲指定し、その状態のまま上書きします。

拙宅では、メータの振れを無信号時で 3~4 程度に調整します。 

ど派手なアンバー色です・・・。


コンディションに関係なく強力なオジャマ虫が2匹・・・。

AUX で観察すると、パルス信号の集合体ですね。

こちらは目立たないダーク・グリーンです。

太陽黒点数が 0 になってから 10 日以上経過・・自然現象には勝てず。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •