電離層吸収?

今朝の国内コンデションが低調なので観察していました。

投稿時点でのイオノグラム表示では電離層反射が無い状態を表しています。

珍現象(デリンジャー現象?)なので記録します。

多くの場合、持続時間は数十分から数時間の程度であるがまれに数時間以上も続く場合もある。
多くは太陽フレアが原因である。太陽フレアが発生すると太陽で発生するX線や紫外線が急増し、
それらが電離層に到達することで電離層のD層の電子密度が増加する。

通常の場合、短波(3 - 30 MHz)はD層を通過しF層で反射されるがこの現象が発生すると
電子密度が増大したD層で短波が吸収されるようになり、長距離通信が不能となってしまう。
短波よりも高い周波数の電波や中波などには影響は少ない。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •