modesmixer2

modesdeco2 はデータ送出不可ですが modesmixer2 は正常に機能しています。

modesmixer2 には Web 展開と sbsplotter 同様の機能があり結構重宝します。

マップキー期間が昔に切れても一応表示してくれますね。

modesdeco2 / modesmixer2 入手
https://github.com/abcd567a/mm2/releases/tag/v1


データ収集手段として SBS-1 Populat は遅いながらも動作するとの記事を目にして・・。

業務停止した ActiveDisplayLite の前身として利用していたが、現在はボランティアの方が引き継いでいるようです。

徐々ではあるがデータベースの書き込みは行われているようです。


SQLite でデータベースを覗いてみると新規書き込みの半数は更新されていました。

ダメ元では無いようで、コツコツ収集することになりますね。


SQLite が無くてもデータベースの編集はできます。

フォルダ同梱の BaseStationReporter がデータベース関わるアプリでレコードの編集などができます。

例えば標準オペレータロゴを一部特殊なものに変更したい場合に利用します。

ANA B787 については新たに作成したロゴを表示するように ANA787 にコードを書き換えています。

BaseStation.sqb サンプル 5516 機が登録されており、解凍すると約48MBになります。
BaseStation.sqb ダウンロード

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •