二刀流・・

今回は、AR5001D/DJ-X11 による2波受信です。

AR5001D 161.975MHz AIO Rch/DJ-X11 162.025 Det Out Lch にしてデジ造に入力。
デジ造にはRCA R/L 端子があるので変換して個別に入力ができます。
デジ造は、旧来の複数受信機からのHFDL音声出力を集約するために利用していました。

在るものは活かすの検証ですが・・プロット数は気持ち増える程度です。
ちなみに、D130 ではAIS信号がノイズに埋れてデコード不能です。
DJ-X11音声出力には3極プラグ -RCA分技タイプを使用し音声(R)検波(L)を個別に出力。
サブチャンでAIS信号などをモニターすることができます。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •