まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

Airspy Mini SpectrumSpy 特集

拙宅では HF 帯以外の受信には Airspy Mini を好んで使用します。

理由の一つとして広帯域スペクトル表示が可能な SpectrumSpy が結構重宝するからです。

過去記事における SpectrumSpy を使用した例をまとめてみました。

基本表示として 24 - 1800MHz フルスペクトル・・手軽に広範囲のスペクトルを観察することができます。

応用範囲が広いので簡易測定器としての利用価値があります。

アンテナ特性として、全域カバーにおける受信特性は D-130 より QFH-137 が優れていることを発見・・驚きです。


携帯電話のダウンリンク・バンドですが・・カラフルです。


名古屋飛行場空港レーダー(左 1030MHz)・Mode-S/ADS-B(右 1090MHz)などのスペクトル。

一見すると搬送波の様相ですが 1 秒間 200‐450 回 の質問パルス・応答パルスなどの集合体です。


アンテナ特性の観察。

AL-120F VHF エアーバンド専用アンテナ・・意外とカバー範囲が広いです。


D-130 定番のディスコーンアンテナ・・60M 帯にデッドゾーンがあるようです。


QFH-137 NOAA APT 専用の円偏波アンテナ・・ 13M 以上の HF 帯でも利用可です。


Soft66RTL LPF/BPF/HPF の特性およびアップコン周波数 50M + HF 帯を観察。

LPF 0.4 to 1.2 MHz (50.4 to 51.2)


BPF 1.2 to 5.0 MHz (51.2 to 55.0)


BPF 5.0 to 15.0 MHz (55.0 to 65.0)


HPF 15.0 to 30.0 MHz (65.0 to 80.0)


参考: rtl-sdr.com / spectrumspy 関連記事

http://www.rtl-sdr.com/spectrum-spy-new-spectrum-analyzer-software-for-the-airspy/
関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •