Airspy ではスペクトルレンジの拡大は設定項目 Decimation (サンプルレート減算)にて行います。

単なるスペクトル画像の拡大ではなく、サンプルレートを減算して処理しているようです。

その際にはダイナミックレンジ・ブーストが動作して波形歪などを補正しています。

細部のスペクトル観測(ディスプレイ・レンジ拡大)には欠かせない機能と言えるでしょう。


コメントの投稿    クリックにて開閉


トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  •  
  •  
  •    
  •  
 
  •  
  •  
  •    
  •