まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

SQLite Manager 作成したデータベースを接続

作成した flightroute.sqb を SQLite Manager に接続して内容を確認します。
画像例でのファイル名は flightroute_iata.sqb と表示されています。

画像に示すとおり「データベースに接続」を選択します。
拡張子 sqb は関連外なので「すべてのファイル」にて表示・選択します。

テーブル構造「参照と検索」表示後、左端ツリーの FlightRoute をクリックします。

画像のとおりに表示されたかを確認してください。

なお、このページではデータベースの編集などが行えます。
編集などのつど結果がデータベースに出力されので保存作業は必要ありません。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •