まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

JSONとは

JSONとは「JavaScriptのオブジェクト記法を用いたデータ交換フォーマット」です。
Python、PHP、JavaScript、C++、Javaなど様々な言語でサポートされており、JSONを間に挟むことで各プログラミング言語間のデータの受け渡しがとても簡単にできます。

近年、データのやり取りはJSONですることが多いですが、JSONが登場する前まではXMLというデータ構造が主に使われていました。
XMLはHTMLの記法を元にしたデータ定義方法で、データ定義言語と呼ばれています。
HTMLと同じようにタグを使ってデータの構造を定義し、柔軟に記述できるので(XMLよりも前に使われていた)CSVよりも複雑な構造も扱えました。
しかし、その分人間にとって直感的には理解し難いのが難点でした。
JSONはJavaScriptのオブジェクト記法で定義するので、慣れている人にとっては非常に分かりやすく感じます。
また、例えばPythonからJSONデータを送り、JavaScriptでそのままオブジェクトとして扱う、といった使い方が可能です。
XMLだとXML構文を解析する必要がでてくるので、プログラムのパフォーマンスが低下するというデメリットもあります。

基本の書き方
JSONは {} の中にキーと値をコロンで区切って記述します。
キーは必ずダブルクォーテーションで囲む必要があり、シングルクォーテーションだとエラーになります。
{“key” : “value”}

カンマで区切ると、キーと値の組み合わせを複数記述できます。
{“key1” : “value1”, “key2” : “value2”}

行数が多くなってくると読みにくくなってきます。
その場合は改行とインデント(行頭の空白部)を使いましょう。
単に体裁を整えるためで左に詰めても問題なしです。
{
 “key1” : “value1”,
  “key2” : “value2”,
  “key3” : “value3”
}

オブジェクト
オブジェクトの中にオブジェクトを入れることもできます。
これを「ネストする」と言います。ここまでくるとデータ構造っぽさが出てきます。
{
  "id": 1, (数値にはクォーテーションを付加しない)
  "name": "mansyuu",
  "attribute": {
   "gender": "male",
   "phone_number": "xxxxxxxxxxx",
   "birth": "1949/12/13"
  }
}

文字列(行)を続ける時には列(行)の後尾に , (カンマ)を付加するが、最終列(行)には付加しない。
カンマの付け間違いをすると構文として成立しない。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

  •  
  •  
  •    
  •