実験レベルから再検討して実用性を高めました。

プリセット周波数を活用することにより、デバイスの任意な周波数範囲がカバーできます。

そのため、プリセット周波数の前後 25MHz 帯域(50MHz 幅)をスライダーにてカバーできるようにしています。

プリセット以外の信号モニターはスペクトル領域からピックアップして行います。

弱点: スライダーを利用したモニター完了後は、必ずスライダーを 0 に戻してください.。
    (ボックス内 0 数字入力で簡単に戻ります。)

ソースファイルダウンロード: preset_rx.zip

更新: 02/02 スペクトラム・ピックアップを容易にするため、ズーム機能を追加。
    USB 復調を念頭に f 微調整を 100Hz ステップに変更しました。


コメントの投稿    クリックにて開閉


トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  •  
  •  
  •    
  •  
 
  •  
  •  
  •    
  •