例によって HDSDR 2 個起動・並列による、SDR デバイスの比較です。

左が基準となる Perseus (24bit)、 右が FDM-S2 (32bit) レベルなどの設定は極力近似値にしています。


左が RSP2 (16bit) 右が FDM-S2 (32bit) 、これらデバイス個体差のレベル調整を行い
比較しても大きな差は生じません。

本来ビットレートによる影響は音質(再現性)に生じますが、自分の聴覚では判別できず・・。

SDR デバイスから PC に供給されるベースバンドは低周波域のデジタル信号です。


7M HAM 左が Perseus (24bit)、 右が RSP2 (16bit) 負けず劣らずでいい勝負です。

RSP2 の強みは HF 帯専用デバイスと互角かつ VHF 帯以上の受信が可能なことですね。

注: 比較のため RSP2 ゲイン設定は Perseus に合わせていますが、可変幅に余裕があるため
   設定次第で信号レベルを上げることができます。


コメントの投稿    クリックにて開閉


トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  •  
  •  
  •    
  •  
 
  •  
  •  
  •    
  •