まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

Archive2016年01月 1/2

誤爆・・?

ときには予想外の地域(画面右上)にプロットする場合があります。誤爆の場合、大抵は発着空港所在地なのだが、その他の地域では誤爆ではないことがあります・・・。球面表示・伝搬大円コースでは距離的に在りえますね。昨夕から今朝、東の 5/6M 帯でした。真偽は・・誤爆でした・・。https://ja.flightaware.com/live/flight/UPS32HFDL 全盛期の記録は下記ブログにてご覧できます。HFDL/SBS-1/PHOTOレポート http://blog.goo.n...

  •  0
  •  0

HFDL 的空模様

当地では天候が雨の場合 HFDL のカバー範囲が密になる傾向があります。昨晩に比べると米西海岸に航跡を残すほど上調子になりましたね。夜間の 8M 帯以上はコンディション低調が継続中、西方面が稼げない状況です。※ 本日からスマホに対応しました、タブレットでも切り替えて利用できます。...

  •  0
  •  0

徐々に上向き傾向・・

ローカル域しか稼げないが大円コースなど航跡密度が濃くなってきました。併せて格安タブレットにて写真撮影・メール転送して画像処理の検証・・。スマホでは・・老人向け格安タブレット購入の参考・・・。http://kakuyasu-sim.jp/kakuyasu-tablet...

  •  0
  •  0

北上するジェット気流

徐々にジェット気流(偏西風)が北上しています。夏季には大円標準飛行コース近くまで北上することがあります。http://www.jma.go.jp/jp/metcht/kosou.html注: アジア太平洋200hPa高度・気温・風・圏界面天気図(AUPA20)のみ偏西風が記載されます。関東エリアからほぼ一直線ですね。天気図に図法を合わせると・・・ほぼコースが同じです。...

  •  0
  •  0

FDM-S2 使用上の注意

FDM-S2 はコストを抑えるため Perseus では標準装備の多分割式のプリセレクターを省略しています。そのため中波の強電界地域では ADC がオーバーロードして短波帯に悪影響を与えます。その影響を避けるためハイパスフィルタなどで中波帯をカットする必要があります。拙宅ではその対策としてアンテナチューナ(MFJ-959C)を活用しています。上段がアンテナチューナをスルーにした状態、下段がチューナにて調整した状態です。 Perseu...

  •  0
  •  0

電波伝搬コース

赤い曲線は世界各地との伝搬経路(大円コース)を投影したものです。短波減衰マップ カレンダーhttp://wdc.nict.go.jp/cgi-bin/x-ray/calendar.cgiこれを見ると地域別の飛行最短ルートと同じですね。...

  •  0
  •  0

手の施しようがない・・

お空の状態が把握できても自然を相手には限界があります。電波伝搬障害研究プロジェクト http://wdc.nict.go.jp/IONO/イオノグラム http://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.htmlこの時点では 10M 帯以上のノイズレベルが異常に高いですね。国分寺より当地の条件悪化が大きいことが判ります・・。昨今 8M 以上では閑古鳥しか鳴かないので夜間は 5/6M 帯で東を稼ぐしかないですね・・。...

  •  0
  •  0

大寒気が南下

強い寒気が北太平洋を覆うように南下しています。当地でも小雪が舞い始めてきました。昨日との比較は下記サイトにてご覧ください。http://acarsman.in.coocan.jp/wxtoimg/...

  •  0
  •  0

当地は穏やかだが・・

明日から明後日にかけては強烈な寒波が押しよせる予報です。この大寒波、沖縄・台湾まで影響がありそうです。沖縄にも雪を降らせるような強い寒気が流れ込み台湾でも雪が舞う可能性も・・。何と台北の天気予報に雪だるま・・・。...

  •  0
  •  0

斜め伝搬可能周波数 (LUF/MUF/FOT)

これは LUF (最低使用周波数) MUF (最高使用周波数) をほぼリアルタイムで表示するものです。http://wdc.nict.go.jp/IONO/oblver/index.htmlFOT (最適使用周波数) は MUF×85% の周波数を定義としています。注: これらはイオノグラムの計測値から算出された数値に基づくものです。こちらの表示では、単純に凸型の面積が広いほど無線通信に好条件と言えます。内容を比較すると 国分寺:東京都 より 大宜味:沖縄県 方面が無線...

  •  0
  •  0

電離層高度から最高使用周波数(MUF)を計算

参考資料として1アマ試験の例題を解説した親切なサイトがありました。http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/H14/html/H1404A22_.html数学な苦手な方にも・・・何とか理解できそうですね・・。このサイトでは、上記以外の電波伝搬に関わる例題を丁寧に解説していただけます。http://www.gxk.jp/elec/musen/1ama/Htb/tableHI.html眺めるだけでも何とか理解できそう・・・です。...

  •  0
  •  0

イオノグラム 解析補足

10:15 国分寺 イオノグラムを例に説明します。イオノグラムの縦全面に表示されるのは国内外の放送局および都市型ノイズです。電離層の状況を表すのは横に延びる線です。 ・・誤解されないように・・ノイズなどを除去したの図がこれです。電離層高度 100Km (E層)および 200Km (F層)以上横に表示されているのが本来の反射電離層の状況です。横線の右端が臨界周波数(反射する限界の波)・ただし斜めに放射した電波はこの周波数...

  •  0
  •  0

強力なEスポ発生

本日 14:15 強力なEスポ発生が大宜味:沖縄県にて観測されました。イオノグラム http://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.html...

  •  0
  •  0

冬の嵐 NOAA19-APT

大陸からの吹きおろし・・規模が大きい。...

  •  0
  •  0

慣熟訓練中・・

HFDL シーズン(2月中旬以降)に向けて FDM-SW2 SDRアプリの操作慣熟訓練中です。このアプリの難点は波の設定が面倒で慣れるには訓練が必要です。加えて異なるバンドでのフロアレベルをアンテナチューナにて調整する作業も必要です。過去例として厳冬期は HFDL の閑散期で2月中旬以降のオープン戦までこの状況が続きます。...

  •  0
  •  0

イオノグラム 比較

14:30 現在のイオノグラム。イオノグラム http://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.html大宜味:沖縄県 に比べ 国分寺:東京都 (本土) のコンディションが上がらないですね。昼間では 200~400km (F層) に位置する赤線が横に長く延びるほどコンディションが良いとされる。...

  •  0
  •  0

無線適地と言えなくても・・

ご覧のとおりアンテナが埋もれた状態・・拙宅での無線環境は良くありません。それでも工夫次第では何とかなるものです・・・。...

  •  0
  •  0

電波伝搬 Eスポ

11:00 現在 Eスポが発生してます。国分寺では臨界周波数が 10.1MHz に達したので「強いスポラディックE層が存在する」と定義されます。無線通信ケア情報 http://swc.nict.go.jp/radio/国分寺のイオノグラムでも電離層高度100Km(E層)が赤く横に伸びています。...

  •  0
  •  0

電波伝搬 イオノグラムの見方

ほぼリアルタイムで電離層の状態を把握するにはイオノグラムを利用します。??な場合には、親切なサイトのイオノグラム解説が参考になります。http://homepage2.nifty.com/3ay/denriso.htm06:30 現在のイオノグラム、15分間隔で更新されます。電波伝搬障害研究プロジェクト http://wdc.nict.go.jp/IONO/イオノグラム http://wdc.nict.go.jp/ionog/ionogram/nowpng/allsite.html日本国内には4か所の観測点があります。稚内:...

  •  0
  •  0

最短飛行コース

平面図表で主要都市間の最短飛行コースを表すと・・・。このコースは定められた航空路ではないので誤解なきように・・。米本土の場合、北太平洋域(大圏)コースを飛行するのはそのためですね。大圏コース https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%8F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9フルサイズ画像にすると航空路が鮮明になります。昨晩から今朝までの受信結果です。...

  •  0
  •  0
About this site
ジャンルにこだわらない気ままなブログ
About me
FC2ブログへようこそ!