まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategoryAIS 1/1

お休みなし・・

一般庶民は連休ですが、港湾関係者には関係ないようです。拙宅の機材もフル稼働で連日頑張ってます。長尺アンテナも出番が多くなり忙しそう・・。開始時からデバイスは RSP2 を使用しています。午後からはデバイスを Airspy HF+ に変えて検証することに。Airspy HF+ 当地ではゲイン不足となるため中止、裏で FM 放送受信に専念させることに・・。長尺アンテナは FM 放送受信にも都合が良いです。...

  •  0
  •  0

鳥羽ベースステーション

夕方から鳥羽海上保安部ベースステーションが入感、プロットしてます。近傍の山腹にある基地局と思うが、鳥羽~伊良湖間の太平洋沿岸船舶の管制業務を担当。当地でこの近辺の船舶を拾ったら奇跡?・・ですね。...

  •  0
  •  0

毎朝の風景・・

早朝から機材をフル稼働、二つの耳目では追いつかない。ボケ防止策と思われるが、これは昔からの習慣です。今朝は交信状況からして、船舶の活動が少ないですね。長尺アンテナのカバーエリアを概ね把握です。微弱な信号エリアにアタックすると、アンテナの特性が明確です。港内はかろうじて有効がログぺリ・D130、港外まで延びるのは稀です。港内はこんな感じ・・意外と様になっています。...

  •  0
  •  0

長尺アンテナの効果 その2

コンディションが落ち込む時間帯ですが、拾っています。アンテナ特性なのか、比較的に遠方ゲットが得意のようですね。...

  •  0
  •  0

長尺アンテナの効果

昨夕アンテナが配達され、仮止め設置しました。今朝の入港船ですが 5/8λ2段バーチカルの効果は大きいと思います。海岸局では、三河湾ポートレディオがバッチリ入感することになり驚きです。長尺の割には軽量で助かります。アンテナの設置を完了しました。下から見上げると長尺感がないが、約2.8mあります。...

  •  0
  •  0

固定局も入感困難な時間帯

夕刻近くになるとコンディションが下り、ベースステーションの入感も途切れてきます。船舶からの信号はまったく入感しない状況になり寂しい限り・・。国際 VHF 専用のアンテナを注文中、遠距離通信用で 3m 近くある長尺物です。ダメ元ですが、期待感はあります。AIS 2波は交互に信号を送出しており、音声出力を混合させても問題ありません。...

  •  0
  •  0

古き良き時代の思い出

SBS-3マニュアルには記載されていないが、AIS周波数をセットすると9600bpsパケット信号が出力される。接続は簡単で、SBS-3のSP端子からステレオケーブルにてPCのライン入力を結ぶだけです。当時は、ADS-B以外の用途はあまり知られていないでしたね。現在の住居以前、別の所に仮住まいした時の思い出です。残念ながらSBS-3も処分したので再検証不可です。特筆するとBSを閉じても、またBS起動のPCをシャットダウンしても設定した受...

  •  0
  •  0

備えあれば患いなし・・

2波受信のメリット例です。左右いずれかが無事ならプロットするので航跡が密になります。...

  •  0
  •  0

SDRuno 2波受信

SDRuno DIGITAL モードは AIS IF 10KHz でも有効です。例によって VAC L/R 分岐で2波受信ができます。SDRuno DIGITAL は KG 系デジタルには最適モードです。この2波受信は送信側ダイバーシティ方式と言えます。左右いずれかでデコードを失敗しても、もう片方でデコードを補うことが多々あります。AIS 強電界地域でも有効と思います。...

  •  0
  •  0

諸設定内容の保存

SDRuno は、面倒なレイアウトなど諸設定をメモっておくことができます。必要な都度のレイアウト変更・周波数の設定などを省くことができます。各種のパネル配置を終えたら、すかさず MAIN パネルの SAVE WS をクリック、さらに Workspace 1..9 の任意をクリックします。保存を終えた後、必要に応じ右隣りの Workspace 1..9 名称変更を行うことができます。表示されている Workspace 1..9 をマウスにて右クリック、任意の名称に変更...

  •  0
  •  0

RSP2pro による AIS

SDRuno I/Q 出力モードを利用します。ゲイン最大・AGCオフ以外の設定はしていません。RSPdx 3アンテナ端子付き 14-bit SDR受信機 1kHz-2GHz  新発売!主な改良点(対RSP2比較):●12-bitから14-bitに改善●HDRモード採用により2MHz以下の受信性能が大幅に改善●2MHz以下と500kHz以下の内蔵LPFを新たに追加●RSP2pro同様、メタルケース採用 ●Hi ZポートがBNCコネクターに変更 http://icas.to/lineup/rspdx.htm...

  •  0
  •  0

SDR Console V3 による2波受信

SDR Console V3 には Wide-U モードがあり、前回と同様にデコードができます。また、音声を VAC L/R に分割供給できるので 2ch 個別に処理が可能です。スペクトルなども忠実に表示され最適ですね。...

  •  0
  •  0

AIS USB モードにてデコード可

AR5001D AIO 15/30KHz によるデコードを参考に・・。USB 20KHz でも原理的には同じと試したところ見事に当たりでした。微弱な信号でもエラーながらデコード処理をするので実用レベルと思います。処理モード・周波数設定は画像のとおりです。デバイスは V3 オートゲインのみです。...

  •  0
  •  0

早朝は港湾モニター

早朝は抜錨の通報が多いので到達範囲の把握になります。四日市ポートレディオへの通報が多いのが目立ちます。ノイズレベルに近いAIS信号を拾うことでVHFコンディションも把握できます。...

  •  0
  •  0

気まぐれ・・

近年は、予想だにしないことが起こる現実が多いです。四日市港の船舶をプロット・・電波伝播は不思議な世界です。本朝は、いつもになくエラーが多いのですが・・。...

  •  0
  •  0

二刀流・・

今回は、AR5001D/DJ-X11 による2波受信です。AR5001D 161.975MHz AIO Rch/DJ-X11 162.025 Det Out Lch にしてデジ造に入力。デジ造にはRCA R/L 端子があるので変換して個別に入力ができます。デジ造は、旧来の複数受信機からのHFDL音声出力を集約するために利用していました。在るものは活かすの検証ですが・・プロット数は気持ち増える程度です。ちなみに、D130 ではAIS信号がノイズに埋れてデコード不能です。DJ-X11音声出力に...

  •  0
  •  0

非単純作業?

先週からAISプロットを増やそうと努力しているが・・。トタン壁住宅密集地では指向パターン通りには行かないですね。2本のログぺリアンテナを港方向を基準を180度範囲を小刻みに振るが進展なし。日によっては真横に近くなることもあり??です。AR5001Dは、融通性が良いリモートで調整しています。ノイズが低い162.025MHz/AIO-15KHz/AGC手動MAXに設定。...

  •  0
  •  0

AR5001D AIS

AR5001D に AIO の復調モードがあり??でしたが・・。試しにと KG-AIS AIS-10KHz IF にしたところデコードを開始。AR5001D は AIO/30KHz に設定しました。接続は AUX OUT から PC LINE IN で OK です。...

  •  0
  •  0

AIS もデコード可

VDL と同じ設定にして周波数を 12KHz 下げる。拙宅は名古屋市北端外に位置し AIS 信号は微弱、それでもデコード成功です。ちなみに、名古屋港のマップは自分が作成したものです。伊勢・三河港湾 http://binmei.jp/lib/kg-ais/map/?a=4...

  •  0
  •  0
  •  
  •  
  •    
  •