まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

CategoryAIS 1/2

アンテナ特性の相違

AIS 受信はマリンバンド専用長尺アンテナ、音声受信はログぺリです。今朝のコンディションとしては音声受信が低調気味、四日市ポートラジオはノイズ混じりです。ところが、 AIS はいつもの調子で受信できています。アンテナの特性差が顕著に表れています。...

  •  0
  •  0

午前中は良いが・・

当地の VHF 帯では、午後になると極端にコンディションが下がります。時折ベースレベルが上がり、微弱な信号はノイズに埋もれてしまいます。AIS 受信ではエラー表示の連発と相成り、場合によっては受信を中止します。...

  •  0
  •  0

今日から平常業務

船舶の活動が多くなり、金城埠頭航行船舶に対する注意喚起が発信されています。ご近所の工場も操業開始で、ノイズが多くなってきました。VDL も日常のパターンに戻りつつですね。...

  •  0
  •  0

強風でアンテナを下げたら・・

強風で長尺アンテナの揺れが大きくなったので下げたら・・。急に大量のメッセージが入感し始めることに、アンテナは高所にの格言が覆る。...

  •  0
  •  0

目的が果たせたので・・

昨日 ARISS SSTV Award を受領したので・・。今日は、日常に戻して AIS 受信です。年末でも物流が止まらないのは船舶輸送のおかげですね。...

  •  0
  •  0

SDR Console V2 での AIS

SDR Console V2 は HFDL にて多用するため慣熟訓練を兼ねて・・。V3 ドングルを認識するように古い V2 からファイルを一部移植しています。今のところ順調に進んでいます。...

  •  0
  •  0

休日営業・・

職に就いていないので毎日がサンデーです。今日も相変わらずの日課です。適度に散っていますね。...

  •  0
  •  0

これも日課・・

AIS 受信を VHF コンディションの判断基準としています。今朝は、良くもなく悪くもなくノーマルですね。コンディションに左右されないのが、VDL これは良否の判断が難しい。日課には変わりがないですが・・仮想デスクトップにそれぞれ展開。タスクマネージャーで 各アプリの負担を計測。これらの値は常時ではなく、絶えず増減します。...

  •  0
  •  0

今日の運勢?

三河湾の船舶をゲット・・今日は幸運らしい?。船舶の AIS アンテナが高所に取り付けてあると思われます。広帯域受信の場合には帯域内常駐信号によって AGC レベルに影響を与えます。RSPduo + SDRuno では位相調整にて常駐信号が除去できると思われます。...

  •  0
  •  0

プリアンプ直結

長尺アンテナから高利得プリアンプ直結検証。利得が高すぎようなのでデバイスの利得を下げ、さらに AGC 調整。ドングル入力で青発光しているのがプリアンプです。ドングルはクリップで挟んで鉄製ボードに密着させ放熱・・効果覿面です。今回の検証でプリアンプ使用時はアプリの AGC をオフにすると逆効果であると認識しました。上に横たわるのが LNA-1090 ・・純正アンテナ本体は老朽化で廃棄処分。下段に LNA-1090 専用バイアステ...

  •  0
  •  0

受信周波数による相違

SDR Console V3 にて2波同時受信を各アプリに分岐しての検証です。左が 161.975MHZ 右が 162.025MHz 受信条件は上記で同じです。 AIS は2波交互にデータを送信していますが、お互い抜け落ちる部分があります。特に弱電界地域の AIS 受信では、その差が明確に出ます。AIS 2波同時受信にこだわる理由です。また、ダイバシティ受信にも興味があり代理店経由で RSPduo を発注しました。2本のアンテナからの入力を同時処理できるの...

  •  0
  •  0

AR5001D DJ-X11 AIS

AR5001D DJ-X11 での AIS 受信などをまとめて検証。コンディションが下がりギリギリの状況下での検証です。右が AR5001D 162.025 AIO 出力、左が DJ-X11 161.975 検波出力です。併せて KG-AIS サーバー(右)・クライアント(左)の検証、エラー列は双方向とも伝達されない仕様です。視認とデコード状況(エラー数)を比較しても大差がないですね。...

  •  0
  •  0

お休みなし・・

一般庶民は連休ですが、港湾関係者には関係ないようです。拙宅の機材もフル稼働で連日頑張ってます。長尺アンテナも出番が多くなり忙しそう・・。開始時からデバイスは RSP2 を使用しています。午後からはデバイスを Airspy HF+ に変えて検証することに。Airspy HF+ 当地ではゲイン不足となるため中止、裏で FM 放送受信に専念させることに・・。長尺アンテナは FM 放送受信にも都合が良いです。...

  •  0
  •  0

鳥羽ベースステーション

夕方から鳥羽海上保安部ベースステーションが入感、プロットしてます。近傍の山腹にある基地局と思うが、鳥羽~伊良湖間の太平洋沿岸船舶の管制業務を担当。当地でこの近辺の船舶を拾ったら奇跡?・・ですね。...

  •  0
  •  0

毎朝の風景・・

早朝から機材をフル稼働、二つの耳目では追いつかない。ボケ防止策と思われるが、これは昔からの習慣です。今朝は交信状況からして、船舶の活動が少ないですね。長尺アンテナのカバーエリアを概ね把握です。微弱な信号エリアにアタックすると、アンテナの特性が明確です。港内はかろうじて有効がログぺリ・D130、港外まで延びるのは稀です。港内はこんな感じ・・意外と様になっています。...

  •  0
  •  0

長尺アンテナの効果 その2

コンディションが落ち込む時間帯ですが、拾っています。アンテナ特性なのか、比較的に遠方ゲットが得意のようですね。...

  •  0
  •  0

長尺アンテナの効果

昨夕アンテナが配達され、仮止め設置しました。今朝の入港船ですが 5/8λ2段バーチカルの効果は大きいと思います。海岸局では、三河湾ポートレディオがバッチリ入感することになり驚きです。長尺の割には軽量で助かります。アンテナの設置を完了しました。下から見上げると長尺感がないが、約2.8mあります。...

  •  0
  •  0

固定局も入感困難な時間帯

夕刻近くになるとコンディションが下り、ベースステーションの入感も途切れてきます。船舶からの信号はまったく入感しない状況になり寂しい限り・・。国際 VHF 専用のアンテナを注文中、遠距離通信用で 3m 近くある長尺物です。ダメ元ですが、期待感はあります。AIS 2波は交互に信号を送出しており、音声出力を混合させても問題ありません。...

  •  0
  •  0

古き良き時代の思い出

SBS-3マニュアルには記載されていないが、AIS周波数をセットすると9600bpsパケット信号が出力される。接続は簡単で、SBS-3のSP端子からステレオケーブルにてPCのライン入力を結ぶだけです。当時は、ADS-B以外の用途はあまり知られていないでしたね。現在の住居以前、別の所に仮住まいした時の思い出です。残念ながらSBS-3も処分したので再検証不可です。特筆するとBSを閉じても、またBS起動のPCをシャットダウンしても設定した受...

  •  0
  •  0

備えあれば患いなし・・

2波受信のメリット例です。左右いずれかが無事ならプロットするので航跡が密になります。...

  •  0
  •  0
  •  
  •  
  •    
  •