まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

たまには・・

定番の純正アプリ SDRSharp ・ Perseus は気が向いたとき程度しか使用しません。

SDRSharp は頻繁にアップグレードされるので好きではありません。

コンデションが良いとき

今夕の状況ですが、コンディションが良いです。

イオノグラムの横延びが目立ち、電離層状態が良いことを示しています。

MotionPortrait

MotionPortrait は静止画を基にして「まばたき」などする動画を作成するアプリです。

https://www.motionportrait.com/apps/mp/
https://twitter.com/hashtag/MotionPortrait

当家、インテリア用途の等身大ドール姉妹を加工した例です。

数あれど・・

Windows PC では Airspy HF+ に HDSDR 、 Perseus に SDR Console の組み合わせを 。
Mac PC では SdrDx に Airspy HF+ 、意外とこの組み合わせの相性は良い。
その日の気分で使い分けすることになります。

ちなみに、 VHF 以上は AR5001D を使用します。

SDRuno (Studio 1)

SDRuno EXTIO + Perseus この組み合わせが一番・・面倒な利得調整が必要ない。

正直なところ、利得調整を必要とする SDR デバイスは好みではありません。

やはりデモ展開させるには、このアプリに限りますね。

Linux 定番・・

Linux 定番というか、他に目立つ SDR アプリがないのが現状ですね。

Gqrx は Linux に限らず macOS / Windows 版があり OS 間の比較試験が行えるメリットがあります。

歴史のあるアプリなので、 Windows 版といえども完成度は高いです。

HFDL 受信

HFDL とは短波帯を利用した対地データリンクです。
世界中に点在する地上局に対し、伝搬効率の良い局に航空機から現在位置などのデータを送出します。
近隣局に対して送出するとは限らず、遠距離局にアクセスすることもあり意外性があります。

近年は HFDL 受信関連のアプリが入手困難になり衰退する一方です。

TGC パイルアップゲーム

SDR Console + Perseus の構成にて展開・・フル画面。

今朝は関東以北が強く入感します。(名古屋市北端から少し出たところのレポート)

こだわり・・

SDR Console に関わらず、スペクトル表示はノイズレベルを最下辺に位置させます。
ノイズレベル以下を表示させても無意味(ムダな領域)との思いから・・。

スペクトル表示の上下限幅は 50dB 、放送局以外これを超える信号レベルは稀なためです。
またノイズ音が耳障りなので、 AGC スレッシュホールドにてノイズ音を抑えています。

他 SDR アプリについても、比較試験を容易にするため、類似設定項目にて同じ表示レベルにしています。

初夏の訪れ・・

今年は初夏の訪れが早いのか、サボテンの花が一度に6輪見事に開花しました。

例年は1・2輪程度が順次開花したものだが・・。

サボテンには世間の騒ぎなど関係ないようですね。

多チャンネル受信

SDR Console では面倒な設定をしなくても個々にチャンネルを展開できます。

HFDL 多チャンネル受信には欠かせない機能ですね。

ただ、PC スペックも影響するので要注意です。

運航状況・・

アジア方面は賑わいを取り戻しつつあるようだが・・。

ヨーロッパ方面は、依然として運航密度が薄めです。

HFDL を再開するには時期尚早と考えます。

一世風靡・・

ひと昔になるが、当時としては Perseus + Studio 1 の組み合わせが世間?を賑わせた。
当時としては、このアプリの見映えが群を抜いて素晴らしかったですね。

現在は、SDRuno がその伝統を継承しているが・・多チャンネル展開時は実に面倒。
今では、こうした使い方をするユーザーは稀でしょうね。 

1年以上のブランクがあると、設定方法を忘れる・・。

4K 画面 (3840 X 2160)

モニター画面の解像度が大きいと、複数のアプリを起動しての比較試験には都合が良い。

文字表示が小さくなる場合、画面拡大にて調整できます。

大は小を兼ねるが、その逆は物理的にムリですね。

微妙な差・・

HFDL 受信のときループアンテナの向きが微妙に影響します。

ヨーロッパ方面には上段の北西方向のループが活躍します。

アメリカ大陸方面には下段の真北向きのループを使用します。

国内受信では双方の差は感じられません。

最下段の気象観測装置(ソーラーパネル面)は、真南設置が義務付けられています。

アンテナも旧態依然・・

アンテナ群も 10 年以上経過したものばかりです。

風雨・雷に負けず頑張っています。

上下 2 段の ALS-330S については 10/15 年間一線で活躍しています。

原点回帰・・

HF 帯は、シンプルイズベストで・・。

Win ではこれが一番ですかね。

給付金進捗状況・・

総務省のデータですが、大都市は手間取っていますね。

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/cities/
https://kyufukin.soumu.go.jp/doc/kyuhu-post.pdf?ver=20200522.01

同様に給付金振り込みにも遅滞が生じますね。
処理する職員方の苦労が想像できます。

TGC パイルアップゲーム

今朝も、コンデションが良く全般的に入感します。

郵送による給付金の申請を済ませ、一安心・・。


Win での SDR 展開・・操作を忘れていたので手間取る。

こちらは音声出力に macOS より遅延が生じます。

20年樽熟成限定品

今や、日本製のウイスキーの方が高価で人気が高いですね。

サントリー 20 年樽熟成限定品です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07J24MVGG/.........WNrPXRydWU=
  •  
  •  
  •    
  •