まんしゅう彩遊記

ジャンルにこだわらない気ままなブログ

慣れてくると・・

操作に慣れるとメジャーな SDR アプリよりも便利と感じます。

さらに V/UHF 帯ではハード受信機より感度が良い場合があります。

当分はこれで遊べそうですね。

GNURadio 3.9.0 パック

Windows 版補助ファイルをひとまとめにしました。
gnuradio-companion 起動に必要なパーツとサンプルです。

ダウンロード gnuradio_390_pk.zip サンプル

gnuradio-companion 起動バッチのショートカットを作成するのは簡単ですが・・。
そのショートカットにアイコンを登録する作業が面倒ですね。
アイコン画像も同梱しているので、3.9 フォルダ内に icon フォルダを作成し放り込んでください。
ショートカットファイルのプロバティを開き「アイコンの変更」をクリックします。
「このファイルのアイコンを検索」蘭にアイコン画像の場所をフルパスで記述します。
拙宅では、いじくり回す関係上 D : ドライブに GNURdio 関連を入れてます。
例として D:¥Program Files¥GNURadio-3.9¥icon¥gr_icon.ico と記述。

gnuradio_3.9.0.0beta_win64
インストールは、解凍フォルダの移動などすべて手動で行います。
GNURadio シリーズはレジストリに書き込みしないタイプ、任意の場所にインストールできます。


Airspy HF+ 複数起動

デバイス ID が同じでも個別に起動できました。

RTL-SDR では rtl=0 rtl=1 と区分けした複数ファイルが必要でしたが・・これは便利です。

Waterfall レベル調整ホイール設置

3.8.2 以降は Waterfall 部のマウス操作ができない仕様です。

ベースレベルが上り表示されるギンギラが目障り、レベルが調整できるホイールを右端に設置。

ワンポイントアクセサリーとしても良いかも?。

ダウンロード new_preset_rx_spyhf_kai サンプル


プリセット周波数の編集にはエディタなどを利用しコピペします。

ブロックの項目編集画面は横に伸長させることができ、コピペ時には便利です。

上の項目は数値、下は"テキスト"となりカンマ(区切り)とピリオドの区別を確認してください。

慣熟訓練終了

オールバンド・オールモードと言っても HF 帯がメインですね。

画像は信号強度が強い中波放送帯での歪み検証です。

3.8.2 対応版ダウンロード new_preset_rx_spyhf_kai サンプル
注:Airspy HF+ Firmware Updates Latest Stable R3.0.7 2020-06-04 以外は動作しません。
  各ファインスライダーは 1KHz/500Hz/1Hz 単位、早送りはスライダー微調整はカウンタボタンクリックです。
  各ファインスライダーは周波数を変更しても値が保持されます。
  各カウンターボックスに 0 を打ち込んでリセットしてください。
  HF 帯ではスペクトルズーム値 10 でベースレベルが VHF バンドと合うようにしています。
  SSB モードでは U/LSB を自動判別します。
  AGC を左にスライドさせると HF 帯のノイズ音を抑制することができます。
  VOL/SQL/AGC の各値は受信環境に合わせた調整が必要です。

HF 帯の試験

オールバンド・オールモードを目指して苦戦中・・。

HF coverage between 9 kHz .. 31 MHz
VHF coverage between 60 .. 260 MHz

バンドによってベースレベルなどが変動するので、優先をどれにするかですね。

3.9.0 Airspy HF+

試しに 3.9.0 で Airspy HF+ FM レシバーを構築しました。

このデバイスは、信号レベルを自動制御するので関係ブロックが省略できます。

見映えのバランス上ゲインつまみは飾りです。

3.8.2 でも問題なく動作するのを確認しました。

吊り下げクラシックシェル

拙宅の Windows 10 デスクトップ、昔から吊り下げタイプのマウス操作に慣れ親しんでいるので・・。

さらに直観的な選択操作が可能なクラシックタイプにしています。

GNURadio が4種類もあるのは愛嬌ですね?。

Windows 版 3.9.0 で検証

Mac 版で気になることがあり Windows 版で・・。

これが、どんでもない代物で展開フォルダを Zip ファイルに圧縮した簡素なものです。
本体起動ファイルを自作する羽目に、と言っても簡単な作業で済みます。
下位互換は案の定、一部ブロックの仕様が異なりました。
TFE Tap Window Type は WIN_HAMMING などに設定するとエラーになります。
ベータ版の段階なので改善の余地がありますね。

現段階で 3.9.0 にするメリットが無いように思います。

参考:窓関数 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%93%E9%96%A2%E6%95%B0
WIN_NONE don't use a window
WIN_HAMMING  Hamming window; max attenuation 53 dB.(3.8.2 初期値)
WIN_HANN Hann window; max attenuation 44 dB.
WIN_BLACKMAN Blackman window; max attenuation 74 dB.
WIN_RECTANGULAR Basic rectangular window.
WIN_KAISER Kaiser window; max attenuation a function of beta, google it.
WIN_BLACKMAN_hARRIS Blackman-harris window.
WIN_BLACKMAN_HARRIS alias to WIN_BLACKMAN_hARRIS for capitalization consistency
WIN_BARTLETT Barlett (triangular) window.
WIN_FLATTOP flat top window; useful in FFTs

大声大会

コンディションが良いのか混み合ってます。

GNURadio 3.9.0 で遊んでますが、欠品待ちの状態。


在庫切れのようで・・。


身体が揃っても、頭がないので・・。

macOS GNURadio 3.9.0 インストール

GNURadio 3.9.0 はインストールできても、対応する gr-osmosdr が存在せず・・。

本体の起動・動作は確認できたが・・先に進めず。


3.9.0 で作成したサンプルを 3.8.2 にて起動。

Mac のダーク表示以外は、互換性があるようです。

3.8.2 総括

正直なところ 3.8.2 での SDR 受信機構築は難儀です。

実用になるのは FM 放送受信程度、受信機構築には 3.7.13.5 が最適です。

また学術的なブロック要素が多く、電子工学用語の知識がないと??となるでしょうね。

Airspy Mini vs RTL-SDR V3

Airspy Mini にはお化けが・・ V3 には現れていません。

使えないことはないが・・。

※ この現象は GNURadio 上での事案、他の SDR アプリでは問題ありません。

苦肉の策・・

苦肉の策として、記述による周波数設定ボックス(右端青反転)を設けています。

スペクトル表示の信号トップにカーソルを重ね周波数を推測し、記述ボックスに Hz 単位で上書きします。
またスライダーは周波数の早送りに活用できます。
注:3.8.2 で作成しているため、3.7 シリーズでは動作しません。

エアーバンド(AM)タイプを同梱しています。
ダウンロード new_preset_pak サンプル

FM/AM/USB 3モードに対応、エアーバンド版を改修しました。
ダウンロード new_preset_rx サンプル

柔軟性に欠ける・・

SDR 受信に不可欠な FET 画面クリックによる波の取得などができない。

プリセット以外はスライダーで信号波に合わせる面倒な作業となります。

資料を探しても FET などによる周波数取得の記述が見当たらないです。

また、モードセレクターに不具合があり単一モードとなります。

お化け・・

同バンドで比較、左が Airspy Mini 右が RSPduo フィルタの有無が明らかです。

デバイスの特徴を簡単に把握するには視認が一番ですね。

悩みの種・・

問題ないように思えるが問題があるようです。

一番難しいのが GUI パーツの配置、3.8.2 はその誤りを教えてくれない・・。

些細なミスで動かないのが GNURadio の難点・・眼の負担が大きいので中断。

ローカットフィルタを装備

拙宅のオーディオシステムでは低音域がボーカルを阻害することがあります。

ハイパスフィルタを活用するとローカットフィルタとなるので装備しました。
10~300Hz の音域を可変調整できます。

ダウンロード new_wfm_lowcut サンプル

大声大会

目立つのはオジャマ虫と7/8方面の局のみ・・。

GNURadio 3.8.2 で遊んでますが、馴染めないですね。


この時間帯は 80m が良好で FT 系波が目立ちます。


3.8.2 は GUI 構成が QT になるので要学習です。

ブロック名を覚えるだけでも、この歳では大事です

ダウンロード new_wfm_rx サンプル

Airspy Mini で検証

Airspy Mini はサンプルレート 3/6M しか受付けず、間引き作業に手間取りました。

カット&トライで間引き数の概略値を探り、さらに微調整を行うことになります。
AM モード時の不定期プチ音発生以外は今のところ順調です。

Airspy Mini 教材 ダウンロード preset_rx_spy サンプル
※ 教材としてのアップ、改良を加えて完成させてください。
  選択バンドによってはオバケが出没します。

  •  
  •  
  •    
  •